制限系のダイエットは結局はいろいろ良くない!という結論に

投稿者:

過去のダイエット、取り組み方は様々でした。
○○だけダイエット、これは長く続きませんしカラダに良くないという自身の中で葛藤がありました。

また炭水化物を控えるダイエット、これにおいては結果は出るものの、お腹の空く時間が早かったり活力がみなぎらないと感じたので諦めた方法の1つです。
炭水化物においてはご飯の減らし方を間違えなければ体によいダイエット法かもしれませんね。

自身の中で1番適しているダイエット法は歩くこと、これがカラダにあっていたように感じています。
食事に関しても特に規制せずいつも通り頂き量もセーブはしませんでした。
ただ間食のおやつは無しとしてダイエットを行いました。
歩く事を決めて毎日20分以上を目標として続けることにより少しずつですが結果につながっていったように感じます。
また、買い物先でのエスカレーターは使用せず階段を使うように心がけ歩けるところは自分の足でと決めたことも良かった点だと感じています。

少しずつを意識し自分の中でダイエットに繋げる考え方で工夫が出来る点はたくさんあるんだなと感じますし見つけることが出来ます。そのことに気が付き意識を高めるだけで体も変化してくるんだなと感じることもダイエットには大切なことだなと思います。歩くだけですが体も心も軽くなり、いいことずくしだなと感じています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です